スポンサーサイト

  • 2011.02.17 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


打合せは集中力の提供でもある

「詳細は打ち合わせで決めましょう」

という発言には、往々にして”集中力の欠如”が隠れているもの。

本来であれば、打ち合わせるまでもなく担当者が
「選択肢の洗い出し」とそれらの「メリット・デメリットの吟味」
を行うべきなのかもしれません。

それがナレッジワーカーの仕事というもの。


しかし、細部まで考える根気のない、
集中力が欠如した社会人も中には居ます。

このブログをお読みになっている皆さんはじっくり考えるタイプだと
思いますが、みなさんの会社にも居るのではないでしょうか。

こういう方々に対する打ち合わせは、
相手する側からするとコーチングをしてあげているようなものだし、
集中力を提供してあげているに等しいと感じることもあるでしょう。


ですので、反面教師として、私たちは、
打ち合わせでは相手に時間を取ってもらっていることを意識し、
「集中力を借りている」ということにも恩義を感じたいですね。

仕事のパートナーに対して安易に「詳細は打ち合わせで」
はなるべく使わずに、自分で考えるようにしたいものです。

※もちろん、お客に対しては、
 打ち合わせが一つの価値になることもあります。
 簡易なコンサルサービスですね。

「いつものこと」という罠

その昔、後輩同士でもめていることがありました。

状況を確認すると、
「気にしないでください。いつものことですから」
という返事。

”いつものこと”というのは、構造的な問題かもしれません。
ですので、これはまずいと思って、最優先でとりくみました。


「いつものことだから」
「みんなそうだから」
「心配するな、オレもそうだよ」
という言葉には、注意するようになりました。

でも、すぐ騙されそうになりますけど、、、。

1日5分のビジネス力アップ!
ベンチャービジネス、新商品、新規事業のビジネスアイデア・企画、経営戦略の実践的なケーススタディを毎日無料でお届けします! 延べ投稿人数2,000名超の読者参加型メールマガジン。
購読 解除  
 
links
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM